<!--親の顔より見た光景-->

日々の発見を残していきます。

ゲームの煩悩

ゲームの時間は8割方無駄だと思う。

2割の有益な点はというと、ゲームを通じて友達が出来たり、時にゲームがストレス解消機になる点だ。

据え置き機や携帯ハードのゲームは上記に当てはまると思う。

しかしスマホゲーム(そもそもあれでゲームと呼ぶのか?)は9割9分無駄だと思う。

自分も若い頃半年ほどハマったが、狙っていたキャラをGETしてからは何が楽しいのかわからず、アンインストールしてしまった。(ペタペタするだけやん)

学生時代、俺は休み時間にスマホゲームをする連中がバカにしか見えなかった。
別に、ゲームをすることとそいつらの頭の良し悪しは関係なく、ただ「時間を無駄にしているな」と感じた。
その時間に本を読めばいいとか、ウェブで情報を集めればいいとか、そういうことも思ったが、そもそも傍から見ると幼稚というか、何というか…

逆に面白いのが、バイトをしてた頃にお世話になった、頭がキレるチーフもスマホゲームにハマっていたことだ。
また、頭が良い会社の同期も結構やってる。

スマホゲームのどこが良いんだろうか。時間のムダ遣いとしか考えられない。

    ・
    ・
    ・

今気づいたが、俺と上記の人たちは煩悩のベクトルが違うだけかもしれない。

彼らがスマホゲームをする時間は、俺が家でAVや二次エロを探す時間に等しい……(むしろ長い)

結局、俺も無駄な時間を過ごしていた。。。(しかも身体的な疲労を伴う)


自分が楽しければそれでいいって事かな。ただ、それを他者に晒すのは避けていただきたい。こっちが哀れんでしまう。