<!--親の顔より見た光景-->

日々の発見を残していきます。

【メモ】プレゼン技法

最も重要なこと:聴衆に応じた内容のプレゼンをする

例:聴衆がエンジニアだらけ……次世代技術や既存技術の話題を取り入れる

老人にIoTの話をしてもしょうがない。若い世代が多かったらゲームやスマホ関係などが好ましい。

 

他、重要なこと(上から重要度高)

・大きい声でハキハキと

・自身を持つ

・結論→論拠(裏付けるデータなど)→結論

・場合によっては、問題を羅列→対策法

・大きいジャンル分け→箇条書きについて言及(○○視点からのリスクは……、一方**視点からのリスクは……が挙げられます)

・具体的なエピソード、具体例を挙げると聴衆は理解し易い

・心をつかむキーワード(例:「最終決算」、「人生のパートナー」 エンジニアに向けたプレゼンで実際にウケたのは「ニーズを創る」というキーワード。とっさに出るものではないので日々書き留めておくと良い。)

・字、図はキレイに

・適度にカラフルにする(4色?)

・アテンションゲッター(聴衆の心をつかむような言い回し、テンポ)

・最後に「ありがとうございました」

 

一般的にプレゼンの質はDelivery<Contentsで決まる。しかし、第一印象でプレゼンを聞くか聞かないか決まる(こともある)ので、自身をもって、大きい声でハキハキと喋るのは重要。